NPO多言語広場CELULAS

自分で見つけるー知らないって楽しいー

土曜日、お隣の市、海老名ピアザの集まりに参加しました。
4月に開設した海老名月曜ピアザは一周年。
それを記念して、一周年をお祝いするロールプレイを多言語で作ろうと
コーディネーターのゆかりんとメンバーのお母さんたちが話し合っていました。

みんなで一周年記念パーティーをしたという設定で
お料理がたくさん出ているテーブルを見て

「いい香りだからお腹がすいちゃうわ。おいしそう」
っていうストーリーのセリフを韓国語で言おう!

とか、
「皆さんにお会いできて本当にうれしいです」
ってこのストーリーのセリフをロシア語で言わな?!

って、みんなで盛り上がっていました。
そして各国の言語のCDをみんなで聞いては
「ここはこう言ってるのかな」
この言葉のどれが香りなんだろうね」
と聞きあいながら、見つけあいながら

この言葉、他のストーリーでも出てくるよ!
と他のストーリーを聞いて

「あった、あった。
じゃあ、こういう時はこういうんだね~」

と嬉しそうに話し合っていて。

その風景を見て、本当にすごいなあと。
誰も習ったことのない言葉だからこそ
みんながスタートラインに一緒に立って
ワクワクしながらその言葉に向かっていける。

言葉だけでなく、音だけでなく、
その背景にある場面、人物、出来事、感情までも
まるで体験を共有するように一緒に感じて共有しあい
そこから、こういう時、こういうんだね~。

ってロシア語でもスペイン語でもフランス語でも
ネイティブの音のまま、
ネイティブの抑揚、リズム、メロディーのまま
口移しのように自然に、
その場面ごとその言葉を受け止めて使っていく。

改めてセルラスの多言語習得活動の魅力を思いました。

英語だけだったら、
良く知っている人とあまり知らない人がいて
どうしても平らに向かえなくて
教える人と教えられる人のようになりやすい。

知らないことは悪いことでもなんでもなくて
ワクワクするような冒険の始まりなのに。

そして言葉とともに、体験があれば
場面があれば、それを受け取る人がいれば
その言葉は日本語に訳さなくても、教える人がいなくても
辞書が無くても文法を知らなくても
自然にわかるし、使えるようになる。

それは私たちが母語を、辞書も先生もなく
体験しながら、意味を理解し
瞬時に使えるようになっている、
この母語習得のプロセスと同じなんです。

英語だけでなく多言語って
人を平らにするんだなあ。
大人も子どもも、多言語の前ではみんな同じ。
母語もそうですもんね。

伝えたい思いと一緒にあるだけですね。

多言語って幸せだなと
みんなを見ていてしみじみ思いました。

ABOUT ME
shigechan1783@gmail.com
NPO多言語広場CELULASのコーディネーターをしています。 セルラスではたくさんの言語(ことば)に同時に触れながら、世界中の誰とでもコミュニケーションできる力を育てています。 ことばはスキルでもツールでもなく、人と向き合い思いを伝え分かり合うために、人類が手に入れた尊い宝物です。 大人から子どもまで、多様な人たちが一緒に、ことばと人を育てあう場は、心とことばが同時に育つ場です。