日々のこと

感謝がわいてくるんですー明日は講演会ですー

明日は、私の住む地域でNPO法人多言語広場CELULAS(セルラス)が開催する

講演会ー世界に通じる力を育てるーが厚木市文化会館で開催されます。

私ね、セルラスで多言語に出会わなかったら、今も英語だけを勉強する世界で

人と比べて苦しい気持ちでいたかもしれないです。

今はどんなに自分と違う人に出会っても、

私が全く知らない言葉に出会っても、

笑顔で耳を傾けられるし、話しかけようとしてしまいます。

そして少し暮らしたら、きっとその人たちと友達になれるでしょう。

子どもたちと一緒に遊んだり

お母さんたちの仕事を手伝ったり

お父さんたちの話を聞いたり

きっとできるでしょう。

セルラスに参加して、新しい言葉似出会う旅を続けてきました。

それは新しい人に出会う旅でもあり、気が付けば私の世界はずいぶんのお菊広がりました。

入会する前の私には、韓国語も、スペイン語も、ロシア語も、中国語さえ、関係のない言葉でした。

その言葉と関係がない、ということは、その世界まるごと、私は拒否していたということ。

あることは知っているけど、私の中には共鳴、共振するものがないのです。

まるで、流しっぱなしのテレビのような、「外国」とか「外国人」という存在。

セルラスで色々な言葉に触れ、色々な世界をメンバーの子どもや大人、人生の先輩たちと共有して楽しみました。

すると、どの言葉も、人間の言葉として、柔らかい声を持ち、生き生きとした場面のイメージを持って、私の中で響くようになったのです。

共鳴、共振する音の幅が、大きく広がりました。

すると、それまで関係がないと思っていた世界が、急に人肌になって

生き生きした風景が広がったのです。

そこにはニコニコと話しかけてくる優しい「人たち」がいました。

沢山の楽しい違いを持っていて、そして同時に

沢山の心温まる同じも持っている人たち。

日本語にはない音とメロディーとリズムの世界。

そこには日本にはない、味や風景や習慣や時間が流れているんです。

言葉とともに私がメンバーと一緒に育てたもの。

それは自分への自信と人間存在への信頼と共感です。

多言語の活動で育つもの。

「コミュニケーション力」「多様性に対応する力」「自分で見つける力」

先生がいないピアザ(広場)という場で、誰にも教えられなくても、自ら楽しく見つけていく言葉。

そんな言葉の発見が嬉しくて、シェアしあわずにいられない。

英語の出来不出来を競い合っていたあの頃には、

思いもよらない新世界が私の周りに広がっています。

感謝しかありません。ありがとうございました。

お申込みは以下のりんっくから

ABOUT ME
shigechan1783@gmail.com
NPO多言語広場CELULASのコーディネーターをしています。 セルラスではたくさんの言語(ことば)に同時に触れながら、世界中の誰とでもコミュニケーションできる力を育てています。 ことばはスキルでもツールでもなく、人と向き合い思いを伝え分かり合うために、人類が手に入れた尊い宝物です。 大人から子どもまで、多様な人たちが一緒に、ことばと人を育てあう場は、心とことばが同時に育つ場です。