NPO多言語広場CELULAS

フランス語、わかると思って聞いていた!

今日、セルラスオリジナルストーリーの中の
初めて聞く1話をシャドウイングしました。

5歳の麗花ちゃんという女の子が
韓国にホームステイした思い出を
作文に書いて読み上げるシーン。

フランス語のCDを聞いていました。

わ~、なんてわかる言葉がいっぱいあるんだろう。
この音は、4月にやったストーリーにも出てきたから
韓国という意味のフランス語なんだな。

子ども、友達、お母さん、私、大好き。
フランス語の単語が聞こえてくるし
意味がずいぶん分かるなあ。

そんな風に思いました。

セルラスでフランス語のCDができたのは
昨年末。今年のお正月から聞き始めました。
1月から4月まで取り組んだ「オープニング」というストーリー。
5月から8月いっぱい取り組んだ「キムチ作り」というストーリー。

そして今日、初めて聞く、「新たな始まり」というストーリーの一部。
今年初めには、一語も知らなかったフランス語です。

それが、8か月たった今、「知ってる言葉」がたくさんある
聞いていると、単語の切れ目や言葉の成り立ちがわかる
なんとなくわかることばになっていました。

流暢に会話できる、ことだけをゴールとしていたら
まさに、入口もいりぐち、拙いとか超初心者と言われることでしょう。

けれど、「わかる!」とフランス語を喜びをもって聞ける。
これは1月の私には味わうことのなかった感情です。
フランス語への親しみ。
わかる言葉として聞く気持ち。
これからもっともっとわかるようになるという希望。
そして自分の変化へのうれしさと自信。

ありがたいなあ~。
こんな気持ちで、知らなかった言葉を聴けるようになるなんて。
幸せなことだなあと思います。

セルラス(NPO多言語広場CELULAS)の仲間である
子どもたちやお母さんたちに
私がコーディネーターをする厚木ピアザのメンバーに
日々の多言語活動の実践からたくさんの発見をシェアしてくれる
セルラスのコーディネーター仲間に
心から感謝の気持ちがわいてきます。

1人で勉強したら、こうはならないと思うのです。
シャドウイングも一人で黙々とやっていたら、苦行になってしまう。
ストーリーもただ黙読するだけだったら
いきいきとしたイメージにならない。
平板な言葉の羅列を暗記しようとしても
心と体が一緒に動くような生身の言葉にはならないのです。

人と一緒に、
音とイメージを共有して
多言語に触れ続ける場があること。

それが苦行でなく、正解や評価でなく
喜びとともにことばと親しくなり
わかっていく場であることが

本当にありがたいなあと思います。

セルラスの多言語活動は、どんなことばとも
親しくなって、きっとわかると自信が持てます。

9月28日(月)セルラスオンライン講演会に
私たちの活動の面白さを聞きに来てください。

お申込み、詳細はこちらです。
セルラス オンライン講演会

ABOUT ME
shigechan1783@gmail.com
NPO多言語広場CELULASのコーディネーターをしています。 セルラスではたくさんの言語(ことば)に同時に触れながら、世界中の誰とでもコミュニケーションできる力を育てています。 ことばはスキルでもツールでもなく、人と向き合い思いを伝え分かり合うために、人類が手に入れた尊い宝物です。 大人から子どもまで、多様な人たちが一緒に、ことばと人を育てあう場は、心とことばが同時に育つ場です。